2010年03月28日

財政健全化法案「有力な考え」=与野党で議論必要−仙谷国家戦略相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は25日、内閣府で記者団に対し、財政再建の道筋を示す「財政健全化法案」の国会提出について「危機的な財政を与野党で腹を固めて議論する意味で有力な考えだ」との認識を示した。菅直人副総理兼財務相は前日、同法案の今国会提出を目指す意向を表明している。
 仙谷戦略相は財政再建について「まさに『万機公論に決すべし』で、広く議論を起こさないといけない」と述べ、国民や野党を巻き込んだ議論が必要との考えを示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<生方氏解任>閣内「収拾」の思惑 批判を抑制(毎日新聞)
JR京葉線、強風で始発から運転見合わせ(読売新聞)
毒ギョーザ容疑者逮捕、被害者「徹底解明を」(読売新聞)
首相動静(3月21日)(時事通信)
自民支援見送りを正式決定=参院比例代表−農政連(時事通信)
posted by マスブチ アキオ at 03:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

【from Editor】テンプルに当てた一発の気概(産経新聞)

 いきなり弱音を吐くようで恐縮だが、明け方近くに帰宅する編集長の仕事は、肉体的にも精神的にも結構こたえる。2日連続の当番を終えると、達成感と同時に疲れがずっしりとのし掛かってくる。

 そんな夜、時々手を伸ばす雑誌の切り抜きがある。中学3年の秋。当時、WBA世界バンタム級の王者だったメキシコのルーベン・オリバレスに東洋タイトルを獲得したばかりの金沢和良が挑戦した試合の写真である。

 ファンならご存じだろうが、ボクシング界で真の「怪物」と言ったら、今でもこのオリバレスしかいない。階級も団体も乱立していない時代。「68戦66勝61KO勝ち2無効試合」という実績の前にはサラテ、デュラン、ハーンズ、シュガー・レイ、ハグラーといった後の怪物たちもかすむ。

 ファイティング原田を破った豪州のライオネル・ローズをリング外に吹き飛ばして王座を奪取。東京五輪の金メダリストで、希代のテクニシャンと称された桜井孝雄もローズ同様にリング外にたたき落とされた。金沢の挑戦は無謀視され、金沢が何ラウンド持つかだけが話題だったと記憶している。

 ところが、試合が始まると金沢はこの怪物と果敢に打ち合いに出る。オリバレス最大の武器、強烈なボディーアッパーを何発かくらっても金沢は倒れない。逆に13ラウンドには、得意の右フックをオリバレスのテンプルに打ち込み、ダウン寸前にまで追い詰めた。

 だが、思い直してみると、ここで金沢のスタミナは尽きていたのだろう。次ラウンド、両手を上げ万歳のような格好で叫びながら怪物の懐に飛び込み、力尽きた。

 この時の感動は今でも強烈だ。この試合の3年後、キンシャサでスローモーションのように崩れ落ちたジョージ・フォアマン、藤猛の“ハンマー”で打ち砕かれたサンドロ・ロポポロ、足を引きずりながらチャチャイ・チオノイを逆転KOした大場政夫。どの場面もこの試合の感動には及ばない。

 引退後、住職になった金沢は、この試合を「なぜ自分はこんなに頑張っているんだろう。倒れてしまえばいいのに、と思いながら戦っていた」と振り返っている。

 政治も経済も教育も、すべてがすさみきっているような時代である。新聞の編集も“明日なき世界”を切り抜いているような気すらする。金沢がオリバレスのテンプルに当てた一発の気概。写真を眺めながら、深夜ひとりで自分に気合を入れている。(編集長 鶴田東洋彦)

「キング」に懲役20年=振り込め詐欺リーダー−東京地裁(時事通信)
高校無償化法案が衆院通過へ=子ども手当法案も(時事通信)
事前面接の解禁見送りを正式決定、派遣法改正案(産経新聞)
長島圭一郎選手 故郷で五輪「銀」パレード 3千人が祝福(毎日新聞)
<坂田賞>毎日新聞の点字報道に(毎日新聞)
posted by マスブチ アキオ at 02:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

伊吹山ドライブウエイで除雪作業はじまる(産経新聞)

 滋賀、岐阜県境の伊吹山(標高1377メートル)を上る伊吹山ドライブウェイ(全長17キロ)で、営業再開に向けて除雪作業が急ピッチで進んでいる。

 伊吹山ドライブウェイは岐阜県関ケ原町を起点、滋賀県米原市を終点とする有料道路。積雪のため冬季は毎年、通行止めとなっている。

 17日は、標高1140メートルの8合目付近で除雪。重機4台がエンジンを響かせ、雪を谷に落としていった。営業再開は4月17日の予定。春はもうすぐ。

【関連記事】
仙台、サポーターと一致団結雪かき!
18年豪雪以来の除雪費に自治体悲鳴 新潟
除雪機巻き込み4歳児死亡
除雪で車の立ち往生は解消 新潟で一時100台以上
車20台が立ち往生のまま 新潟市で除雪進む
20年後、日本はありますか?

<盗品カーナビ>1億円荒稼ぎ 容疑の16人逮捕 大阪(毎日新聞)
指示通り服用「非難できない」=抗うつ剤で心神耗弱認める−強盗殺人未遂・さいたま(時事通信)
<転落>橋から2人が川に 30代女性が不明 名古屋市(毎日新聞)
イルカ漁は法令に基づく伝統的漁業 「ザ・コーブ」踏まえ政府が答弁書決定(産経新聞)
橋下知事と平松市長に新たな火種…入学貸付制度(読売新聞)
posted by マスブチ アキオ at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。