2010年02月17日

「六甲山氷の祭典」開幕 幻想的な美しさ(産経新聞)

 冬の風物詩として知られる「六甲山氷の祭典」が11日、六甲山頂付近の「六甲ガーデンテラス」(神戸市灘区)で開幕した。精巧な氷の彫刻が色とりどりの光に浮かび上がり、家族連れらが幻想的な美しさに酔いしれた。

 阪神大震災の記憶を語り継ぎ、被災者の心を癒やすため、平成17年に震災10周年事業として始まった。6回目の今年は、全国から選抜された氷の彫刻家が仕上げた約30点の作品を展示。妖精や人魚などが巧みな造形で表現された。

 高さ約2メートル、幅約5メートルの大型作品「虎船」は、来場者の前で、彫刻家が制作。船の帆には今年の干支「虎」の字が刻まれている。

 家族で訪れた神戸市東灘区の小学2年生、奥野航大君(8)は「龍と戦う勇者の像は、物語の中に入り込んだみたい」と目を輝かせていた。祭典は14日まで続く。

【関連記事】
「さっぽろ雪まつり」 雪と氷の幻想的な世界広がる
幻想的に「節分万燈籠」 奈良・春日大社
幻想の世界演出 ディズニーシーに新ナイトショー
映画作りも想像と現実の戦い 「Dr.パルナサスの鏡」テリー・ギリアム監督
絶景!「赤目四十八滝」の大日滝凍る 三重・名張

1万2000円相当も!高級チョコ無料配布にOL大喜び 女子応援イベント(産経新聞)
与党が「個所付け」資料提出拒否 自民は審議拒否も(産経新聞)
<衆院予算委>守秘義務めぐり応酬 個所付け情報(毎日新聞)
<足利事件>検察側が無罪論告 菅家さんに謝罪(毎日新聞)
富山の男性4人戻らず=栂池高原で山スキー−長野・小谷村(時事通信)
posted by マスブチ アキオ at 00:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。