2010年03月02日

マツダ・センティア

センティア (SENTIA) は、マツダで1991年から2000年にかけて販売された、Eセグメントに属するラグジュアリーサルーンである。ルーチェの後継車にあたる同社のフラッグシップモデルで、アメリカ合衆国においてはMAZDA 929(マツダ・929)として、1991年から1997年にかけて販売された。また、バッジエンジニアリングであるアンフィニMS-9が、同社が展開していた販売店ブランドアンフィニで、1991年から1994年にかけて販売された。車名のセンティアは、フランス語で「感じる」を意味するsentirとラテン語で「場所」を意味するiaとを組み合わせできた造語で、「感動を呼ぶ洗練された空間」の意味合いが込められている。歴代モデル初代(1991年-1995年)1991年5月から販売が開始された。センティアは、同車の「パーソナルユースに徹した、3ナンバー専用のプレステージセダン」[1]というコンセプトのもと開発され、当時マツダが開発に成功していた車速感応型4WSシステムやガラス製サンルーフ部分に太陽電池を組み込み停車中の車内をファンで換気する「ソーラーサンルーフ」などを搭載する、同社がもてる最先端技術の粋が集められたモデルだった。エクステリアのデザインは田中俊治氏の手によるもの。氏はこのセンティアのデザインを考えるにあたり、能面のひとつである「べしみ」をモチーフとして描いていったという。余談だが、センティアのデザインが佳境に入っていた頃にユーノス・ロードスターのデザインを兼任することになったためそちらの仕事が忙しくなってしまい、結果としてセンティアの発売が大幅に遅れてしまったというエピソードがある。センティアのデザインは1986年の段階で既に佳境部分まで進行していたという。先代にあたるルーチェの直線を基調としたボクシーなプロポーションのスタイリングから一転し、イギリスのジャガー・カーズのモデルを連想させる低いボディに豊かな曲面構成と美しいプロポーションを誇る、やや低く伸びやかでエモーショナルなスタイリングをまとうこととなった。そのため、一部の間では同車をユーノス・コスモのサルーンバージョンと受け取る向きもあった。[2]このデザインは海外の自動車デザイナーからも非常に高い評価を受けており、当時ルノーのデザイン部門を率いていたパトリック・ルケマン氏は東京モーターショーに

金無心の送信メール削除=木嶋容疑者、証拠隠滅か−連続不審死・埼玉県警(時事通信)
「政治とカネ」、第2ラウンドへ=1日から代表質問−衆院(時事通信)
<詐欺>東電元社員ら逮捕 融資金2.4億円詐取の疑い(毎日新聞)
<シー・シェパード>メンバー1人が調査捕鯨船に侵入(毎日新聞)
赤坂晃容疑者 覚せい剤を使用した罪で起訴…千葉地検(毎日新聞)
posted by マスブチ アキオ at 09:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。